学科案内

言語聴覚学科

授業風景

リハビリテーション教育評価機構の認定カリキュラム

言語聴覚学科のカリキュラムは一般社団法人 リハビリテーション教育評価機構※ が認定したカリキュラムで授業をしております。

 

※一般社団法人 リハビリテーション教育評価機構について
リハビリテーション教育の質の向上、発展充実のために活動し、もってリハビリテーシヨン関連職種の教育・養成の振興に 貢献することを目的に設立された機構です。

人と人とのコミュニケーションを手助けする専門職の養成

授業風景

人と人とのコミュニケーション・サポート。その重要性やりがいを感じてほしい。 リハビリテーション医療の一翼をになう技術者として、言語聴覚士(ST)の需要は高まっており、そしてリハビリテーションの対象となるのは乳幼児から高齢者までと広範囲にわたっています。おもな活躍の場としては、一般総合病院、リハビリテーションセンター、各種老人施設、身体障がい者・児施設、行政機関、教育機関、機器開発メーカーなどが挙げられます。

 

授業風景

授業風景

授業風景

 
 

履修科目

基礎科目 基礎専門科目 専門科目

■人文科学
 ・コミュニケーション学
 ・倫理学

 

■社会科学
 ・教育心理学
 ・社会福祉学


■自然科学
 ・統計学
 ・情報科学


■外国語
 ・日常英語
 ・医学英語


■保健体育
 ・保健体育


 

■基礎医学
 ・医学総論
 ・解剖学
 ・生理学
 ・病理学

 

■臨床医学
 ・内科学
 ・小児科学
 ・精神医学
 ・リハビリテーション医学
 ・耳鼻咽喉科学
 ・臨床神経学
 ・形成外科学


■臨床歯科医学
 ・臨床歯科医学
 ・口腔外科学


■音声・言語聴覚医学
 ・呼吸発声発語系の構造
 ・機能・病態
 ・聴覚系の構造,機能,病態
 ・神経系の構造,機能,病態


■心理学
 ・臨床心理学
 ・生涯発達心理学
 ・学習・認知心理学
 ・心理測定法

 

■言語学
 ・言語学


■音声学
 ・音声学


■音響学
 ・音響学
 ・聴覚心理学


■言語発達学
 ・言語発達学


■社会福祉教育
 ・社会保障制度
 ・リハビリテーション概論
 ・関係法規

■言語聴覚障害学総論
 ・言語聴覚障害学総論(成人)
 ・言語聴覚障害学総論(小児)
 ・言語聴覚障害学概論(成人)
 ・言語聴覚障害学概論(小児)
 ・言語聴覚障害診断学Ⅰ
 ・言語聴覚障害診断学Ⅱ

■失語・高次脳機能障害学
 ・失語症Ⅰ
 ・失語症Ⅱ
 ・失語症Ⅲ
 ・失語症Ⅳ
 ・高次脳機能障害Ⅰ
 ・高次脳機能障害Ⅱ

■言語発達障害学
 ・言語発達障害(知的障害)
 ・言語発達障害(広汎性発達障害)
 ・言語発達学演習Ⅰ
 ・言語発達学演習Ⅱ
 ・脳性麻痺Ⅰ
 ・脳性麻痺Ⅱ
 ・学習障害

■発声発語嚥下障害学
 ・音声障害学
 ・運動性構音障害Ⅰ
 ・運動性構音障害Ⅱ
 ・機能性構音障害Ⅰ
 ・機能性構音障害Ⅱ
 ・器質性構音障害
 ・摂食・嚥下障害Ⅰ
 ・摂食・嚥下障害Ⅱ
 ・吃音

■聴覚障害学
 ・小児聴覚障害Ⅰ
 ・小児聴覚障害Ⅱ
 ・小児聴覚障害Ⅲ
 ・成人聴覚障害Ⅰ
 ・成人聴覚障害Ⅱ
 ・成人聴覚障害Ⅲ
 ・補聴器・人工内耳
 ・視覚・聴覚二重障害

■臨床実習
 ・臨床実習

選択必修科目

■言語聴覚障害学持論Ⅰ
■言語聴覚障害学持論Ⅱ
■言語聴覚障害学持論Ⅲ
■専門臨床持論Ⅰ(画像診断学)
■専門臨床持論Ⅱ(薬理学)
■専門臨床持論Ⅲ(基礎運動学)
■専門臨床持論Ⅳ(栄養学)
■見学実習
■評価実習
■症例実習
■臨床作文

先生からのメッセージ

コミュニケーション知識で広がる活躍の場 押川  亘言語聴覚学科長

押川  亘言語聴覚学科長

 高度医療が発展する中で、ますますリハビリテーションの需要が高まっていきます。その中で、言語聴覚士の仕事は、生活に必要なコミュニケーションや食事・聴覚の障がいに専門的にリハビリを行うことを目的にしています。
  当校の言語聴覚学科では、複雑なコミュニケーションの障がいを1年次から校内での言語訓練に参加することで、本だけでは学べない様々な障がいについて理解を深めて、幅広い知識の習得に役立ててもらおうと考えています。
  そのような知識は、将来、医療職にとどまらず保険、福祉、教育分野などの社会的活躍の場を広げてくれるでしょう。
  コミュニケーションや食べること、子供の成長、聞こえる仕組みなどに興味を持ち、それらのリハビリテーションに携わりたいと考えているあなたに言語聴覚士を目指してほしいと願っています。

言語聴覚士とは?

言葉や聞こえなどのコミュニケーションに問題のある方や家族に対して、検査、訓練、および指導等を行う専門職です。言語聴覚士の国家資格は、平成11年に誕生しました。全国で約15,000人が医療、福祉、教育等の幅広い領域で活躍していますが、人員数はまだまだ十分とはいえないのが現状です。従って言語聴覚士は、今後ますます社会から期待されるリハビリテーションの専門分野です。  1年次では、基礎分野、専門基礎分野を中心に、2年次では専門分野を中心に言語聴覚士としての必要な知識や技術を学びます。そして3年次では臨床実習を通して臨床能力を身につけます。

国家資格の取得が必要です。

言語聴覚士は国家資格です。本校の言語聴覚学科卒業時に「言語聴覚士国家試験」の受験資格が得られます。この試験に合格すれば言語聴覚士の仲間入りです。

総合デジタルパンフレット 総合デジタルパンフレット
≫ 総合パンフレット ≫ 言語聴覚学科デジタルパンフレット

 

新パンフレットが完成しました!ぜひお取り寄せください。
資料請求では、本校総合パンフレットと、ご希望の各学科詳細パンフレットを差し上げます。下記ボタンよりお進みください。

 

資料請求はこちらから