言語聴覚学科トピックス

【言語聴覚学科】 ☆ 秋の言語聴覚学科の日常 ☆

2012-10-21

こんにちは


御無沙汰しております コツリコです


秋深まる今日この頃 皆さんはいかがお過ごしですか?


こつりこは、

 

もちろん!!食欲の秋を大満喫中であります


美味しくゆでました

栗~

鹿児島と言ったら

やっぱりこれ~


さて、 そんな食欲旺盛なコツリコはさておき、 唐突ではありますが・・・
今回は言語聴覚士に必要な知識の一つ、 「聴覚学」についてご紹介します 聴覚学とは、「聴覚系の解剖・生理・病態」で構成されており、 関連科目には「音響学」「聴覚心理学」「聴覚障害学」などがあります。
名前だけ聞くと、難しそうな名前がズラリ・・・
実は・・・ その印象通り、これらの学問は難しいです
「え~!!だったら言語聴覚士の勉強って難しくて大変なの」と 不安になってしまった貴方!!
大丈夫です ご安心ください
我が第一リハの言語聴覚学科では、 一般的に難しいとされる「聴覚学」さえも 楽しく学習することができます なぜなら、すばらしい講師陣でサポートしているからです 今回は、「小児聴覚障害」の講義を担当してくださっている 丸内先生をご紹介します
熊本県ひばり園の丸内先生
写真は「でんでんむし」の講義中・・・ではありません! 聴覚器官の「蝸牛」の説明をされているところです。 ちなみに「蝸牛(かぎゅう)」とは、その名の通り カタツムリのようにクルクルと回転した管構造になっています。 スライドを見ただけでその様子がよくわかりますね 丸内先生は多くの貴重な資料を準備してくださり 教科書だけではわかりにくいところを 丁寧に講義してくださると評判です 大大大ベテランの先生なのに とってもキュートで親しみやすい先生なので 臨床家としてだけではなく、 一人の女性としても憧れてしまいます 1期生の講義からずっとお世話になっている丸内先生、 これからも、我が第一リハをどうぞよろしくお願いします!!

 

 

 

お・ま・け


去る10月初旬、 島屋敷先生の誕生日のお祝いをしました~
何歳のお祝いかは・・・・ご想像にお任せします この写真を撮る時
カメラの顔認識機能が 反応しました(笑) こっちの写真を撮る時は もちろん、 ご本人の顔に反応しました 島屋敷先生のギターを使ったミュージックセラピーや キラリと光る言語センスにいつも憧れています

 

Happy Birthday to the magician of language

 

 

 

 

 

 

オープンキャンパス絶賛開催中!!


  本年度のオープンキャンパスも   残すところあと4回になってしまいました~!!   11月11日(日)
  12月2日(日)
  1月13日(日)
  2月24日(日)
   
   一般入試も10月28日(日)より始まります。     ※ 定員になり次第、募集は終了となりますので、        随時ホームページ等でご確認ください。