言語聴覚学科トピックス

イヤーモールド作成!!('◇')ゞ

2018-05-21

皆様、こんにちは

5月も半分以上過ぎました。

3年生は6月から始まる長期実習を控え、授業や試験、実習準備など

毎日忙しい日々を送っています

2年生、毎日の授業では専門科目が増え、そのため実技も多くなり、

より臨床に近い内容を学んでいます

1年生は初めての外部実習(幼稚園実習)を控え、何やら子どもさんたちに

楽しんでもらえるようなゲームを考えているようです

3学年ともみーんな楽しく学んでいるようですね。

さて、前回に引き続き、3年生の実技実習の紹介です。

では、どうぞー

 

 

 イヤーモールド作成

イヤーモールドってなあに?

イヤーモールドとは、補聴器を装着されている方のために作られた、 オーダーメイドの耳栓です。 ハウリングと呼ばれる「ピーピー音」がよく鳴るという方や、補聴器が耳から 外れやすい方などが、自分のイヤーモールドを作成することで 補聴器をより快適に使用することができます

上の画像はイヤーモールド作成に使用される物品ですが、 右下のものがイヤーモールドです。 いろいろな色がありますね。 今年も、3年生を対象にイヤーモールド作成の授業が行われました。 前回の補聴器フィッティングに続き、講義を担当して下さったのは 下田代補聴器センターの先生方と、聴覚医学系の授業を担当して下さっている 石井先生です。 3年生は、前からこの授業を楽しみにしていたので、やる気満々!! まずは、医師に耳の状態を診てもらいます。

イヤーモールド作成の前後には必ず医師の診察を!! まずはお手本を見せていただき、更に疑似耳で充填練習。 そして、いざ本番!!

みんな、うまく出来上がったようですね 毎年、他ではできない貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございます。 また、このような実習を安心・安全にできるよう配慮して下さっている 下田代補聴器センターの先生方、石井先生に感謝申し上げます

自分で作ったイヤーモールドと一緒に 

全員笑顔のとってもいい写真ですね