言語聴覚学科トピックス

霧島市との連携事業 第一弾!!

2016-11-29

本校は霧島市と8月22日に包括協定を結びました。

この事によりリハビリ専門学校でやりたかった事は・・・

地域のサロンで健康教室を開き、少しでも健康寿命を延ばしたい!!

と強く思いました。

そこで、霧島市社会福祉協議会と連携し、第1回 健康教室に行って来ました!

 

 

霧島市には26のいきいきサロン教室があります(登録サロンのみの数)。

その中で、各地域の方々が公民館などに集い、毎月1回程度、

色々な活動をされているようです。

そういった地域住民の方々に何か手助けは出来ないかと本校が立ち上がりました。

 

このようなチラシを作成し、社会福祉協議会の方に案内して頂きました。

 

 

必要であれば我々、学校教員が 

「いつまでも健康でいられるように」サポートしていきます

 

 

そこで今回、早速、声がかかりましたので「健康教室」に行ってまいりました。

場所は霧島市の隼人にあるいきいき健康サロンです。

言語聴覚士に「美味しく食事を食べ続けるための健康教室」を

お願いしたいとの依頼で、私と学生3名を連れて行きました!

ちなみにサポートしてもらった学生は既に卒業が決定し、

就職も内定しておりますので4月から働く事をイメージしてもらいました。

今回は12名の方々が参加して下さいました!

 

今日のテーマを「肺炎予防のためのお口の健康教室」としました。

 

◎肺炎とはどんな病気なのか?  ◎なぜ肺炎(誤嚥性)になってしまうのか? ◎飲み込み(嚥下)のメカニズム  ◎どうすれば肺炎を予防できるか? ◎食べるためのリハビリ

 

などなど・・・話や実技、簡単な検査を通して学んで頂きました。

 

 

まずは肺炎や飲み込みについてお勉強中   飲み込みの機能をチェック中! 嚥下体操の中で歌をみんなで熱唱中!! 最後は最高の“笑顔” を頂きました!!

 

最初は緊張気味の参加者の方々も 1時間半後には大笑いで終える事が出来ました。

参加者の方から「楽しかったね~」「私の飲み込みの状態が分かって良かった~」

「これからこんなことをしたら良いね~」など沢山の有難いコメントを頂きました。    

今日の教室を通して、思いっきり健康寿命を延ばして頂きたいと思います。

 

最後はみんなでハイポーズ!!

 

 

 

このサロンの次の日、隼人町内の別のサロンの「健康教室」へ行ってまいりました。

今回も、「美味しく食べ続けるためのお口の健康教室」ということで、

◎のどの仕組み ◎加齢と食べる機能の変化 ◎誤嚥性肺炎とは? ◎食べる前に!!お口のリハビリ

の内容でお話をさせていただきました。

簡単な検査も行いましたが、日頃から気を付けていらっしゃるようで、

皆さん合格でした

最後はバンザイで記念撮影

 

 

これからも地域住民の方に少しでも役に立てるように頑張りま~す!!