言語聴覚学科トピックス

13期生セミナー発表&最優秀発表賞授与式(∩´∀`)∩

2018-11-12

ずいぶんご無沙汰しております(;´・ω・)

ここ1カ月でずいぶん秋らしく、そして少しずつ冬が近づいてきているような

気がしますね。

 

 

言語聴覚学科では、10月22日に、1~3年生合同のセミナー発表を行いました。 3年生になると、8週間と4週間の臨床実習があります。 実習では、患者さんを担当させて頂き、その方について実習教育者指導のもと、 様々な評価、訓練をさせていただきます。その際、患者さんの介入前と介入後を 比較し、更に患者さんの変化を細かく分析しながら進めていきます。 その過程を実習後にスライドとレジュメにまとめ、学会形式でみんなの前で発表します。 様々な症例情報を共有し、ディスカッションしながら勉強に役立てることが目的です。 1年生、2年生は今ある知識の中で、患者さんの全体像や臨床場面を想像しながら 聴講します。3年生になると理解できる部分も多く、質疑応答も大いに盛り上がりました。 演者の3年生はスーツに着替えて、司会や計時も自分たちで行い、演題ごとにチューター として教員を配置しています。 スーツ姿、カッコいいですね

 

 

この中で、教員が話すスピードや表情などのプレゼンテーション能力、 発表内容など10項目について採点し、最優秀発表賞を決定いたしました!! 今年の最優秀発表賞はこの方・・・ 星簇 千乃さん 聴き手が理解しやすいよう患者さんの発話サンプルや写真を取り入れている 部分が高評価でした。 星簇さんには後日、3年生担任、副担任より賞状と副賞が授与されました