言語聴覚学科トピックス

言語聴覚学科 1期生 「石原 禎人さん」の活躍(●´ω`●)

2020-06-19
言語聴覚学科にとって、とっても嬉しいニュースがあったので、 今回は、それを皆さんにお届けしようと思います(*´▽`*)

 

本校言語聴覚学科 1期生(平成19年度卒) 石原 禎人さんが、南日本新聞の取材を受けました☆ ~「2020年6月17日(水)」掲載~  

 

石原 禎人さんは、本校の言語聴覚学科に 講師としても、来て下さっています(*´▽`*) 後輩育成にも、ご尽力いただき、 活躍される姿を拝見するたびに、大きな刺激を受け、 「自分も頑張ろう」という気持ちになります!!

車いすバスケットボールとの出会いは、2008年、知人の理学療法士の誘いがきっかけだった。競技者の手伝いができればと練習に参加し、急ブレーキでタイヤのこげる臭いや車いす同士がぶつかる金属音などその迫力に圧倒された。試しにプレーして魅了されたのは全速力でコートを駆け抜ける爽快感。生まれつき下肢不自由などの障害がある。味わったことのない感覚に「初めて本気で美樹逢えるスポーツに出会えた。」それ以来、障害者チームの「薩摩ぼっけもん」や健常者の「Naughty」でプレーしてきた。普段の生活に車いすを必要としないこともあり、かつては障害者手帳を持っていなかった。「どこかで障害を認めたくない自分がいた」からだ。しかし競技をきっかけに手帳を取得。さまざまな障害を持つ人たちと助け合ってプレーする時間は、自分を見つめなおす機会になり、「障害に対する心の中の垣根がなくなっていった」と振り返る。

  様々な事にチャレンジする姿勢や、精神は、かっこいいですね☆ 同じ同期として、同じ言語聴覚士として、 とても誇らしいです。(/・ω・)/

 

最後に・・・・学生時代の石原 禎人さん(笑)   およそ13年前・・・|д゚) 恐ろしい・・・|д゚) 恐ろしいくらい、、変わっていないです(●´ω`●)

 

また、トッピクス、アップしますね☆ ぜひご覧ください(^^)/

 

☆お知らせ☆

 

きたる7月12日(日)は、SPOCです!

 

スペシャルオープンキャンパス!!です!

 

ぜひぜひ、気軽に遊びに来てください☆お待ちしております☆