言語聴覚学科トピックス

画像診断学~錐体路,大脳基底核を作ろう!~

2020-10-19
今回のトピックスは、、 言語聴覚学科 2年生の授業 「画像診断学」の講義の紹介です☆彡 「画像診断学」:  頭蓋内の基本的解剖の知識と  画像読影の基本を身に着ける。  実際に、  紙粘土や針金細工で頭蓋内血管モデル、  大脳半球モデル、錐体路モデルを作成し、  臨床で役立つ画像診断のポイントを説明する。  実際に自分たちの手で紙粘土などを用いて、  作成することで脳の構造など、  目に見えない部分がイメージしやすくなり、  知識が身に着きやすくなるようです(●´ω`●)          学生からは、  久々に紙粘土に触って、楽しかった!  色塗りして、よりイメージしやすくなった!  などの声がありました(^◇^)  通常の授業形態よりも、  更に楽しく学べている様子でした♪          右下の写真は、  完成したものをアップで撮ったものです☆彡  奥に見える「紫色の雪だるま」は、、、、  ハロウィン仕様(色)・・だそうです☆  余った粘土で、制作・・  楽しそうですね(*´▽`*)  最後は、自分の作品を手に取って・・・ 自作の錐体路・大脳基底核と一緒に( ̄▽ ̄) 受動的ではなく、能動的に学ぶ。 自分の知識を深めるためには、 欠かせない大切なことですね! 楽しい方が、より能動的に学ぶと思います|д゚) また、他の授業の様子もアップしていきますね(*´▽`*) 次回は、「社会人の生の声」第5弾!をお届けします。 また、ぜひみてください(^^)/

 

次回オープンキャンパス:11月7日(土)お待ちしております♪