言語聴覚学科トピックス

3年生 セミナー発表|д゚)

2020-12-25
皆さまこんにちは。 いつもトピックスを見て下さり、ありがとうございます(●´ω`●)   さて、今回の言語聴覚学科のトピックスは・・・ 8週間の臨床実習を終えた、15期生(今の3年生)のセミナー発表の様子をお伝えします。 臨床実習は、実際に担当患者・児さんに対し、検査などの評価を行わせていただきます。 その評価の結果から、訓練プログラムを立案し、実際に患者・児さんに 訓練を行います。(再評価を行う場合もあります) 担当となった患者・児さんについて、パワーポイント・レジュメを用いて 自分の考察を交え、発表するこのセミナーは、 様々な症例をみんなで共有できる貴重な場となっています。 勿論、ここでも距離を取る、密閉空間を作り出さない、など対策を講じております!                  
そして、発表する際、声の大きさや内容の充実さ、スライドの見せ方、作り方、 全員スーツを着用し、学会形式で行いました。 そして、発表する際、声の大きさや内容の充実さ、スライドの見せ方、作り方、 プレゼンテーション能力など総合的に教員がそれぞれ評価を行います。( ゚д゚ ) その中で、最も評価が高かった1名の学生を最優秀賞として、表彰します☆彡 今回の発表で、総合的に評価が高かったのが・・・・ 久保 千尋さん(^◇^)です☆彡      

久保さんには、手作りの額縁入り賞状が手渡されました(^◇^) コロナ渦の中、学生を受け入れ、ご指導くださいました、 病院・施設と、バイザーの先生方に この場を借りて、深く御礼申し上げます。 学生に貴重な場を提供して下さり、 また経験する機会を与えて下さり、ありがとうございました。   3年生は、国家試験合格に向け、みんな一生懸命日々の勉強を頑張っております! また、良いご報告ができるかと思いますので|д゚)

 

最後まで読んで下さり、いつもありがとうございます(●´ω`●) また、更新します(^^)/ではでは(^◇^)