はり・きゅう学科トピックス

「触ってみる」のは、難しい・・・(。´・ω・)?

2018-07-11
台風も過ぎ去り、夏の暑さが戻ってきましたね 熱さ対策をしっかり行って、熱中症に気を付けましょう

 

 

さて、今回のトピックスの主役は2年生です(=゚ω゚)ノ 応用鍼灸実技Ⅰの授業に参加してきました! この授業では、身体の表面から触れる筋肉を確認し、 その筋肉に正しく刺鍼できるかなどを学んでいきます。

 

 

 

先ずは、骨や筋肉の「位置」を体表から確認します。

 

 

初めに、教員が筋肉の探し方を説明します 骨の位置なども確認しつつ、 筋肉の位置を確認していきます 筋肉を動かすことで見やすくなります

 

 

教員に確認してもらいながら 感覚をつかむまで 何度も何度も、色んな人を どんどん触っていきます

 

 

位置の確認ができたら、次は「深さ」です。 鍼を刺し、電極を付けて微弱な電気を流すことで筋肉の収縮を促します。 目的の筋肉に正しく鍼が刺さっていると、その筋肉が持つ作用通りに 腕が動きます。その作用や収縮を確かめることで、正しくできたか確認します。

 

 

深さを探っていきます 鍼先の感覚に意識を集中‼ 電極を付けて、ゆっくり電気を流します 動きをみつつ正しく刺せているか確認

 

 

Q.授業を通して感じたことは?

  A ・筋肉の位置をあまりわかっていなかったので難しかった。

   ・女性の腕の触察は、男性よりも難しく感じた。

   ・授業外でも練習したい。

 

などの意見があり、身体を使って実際にやってみると、 筋肉の太さや大きさは人によって、全く違うことに気づきます。 実際の患者さんには、教科書の知識だけではなく、 痛めている筋肉を予測して触れ、治療する技術が必要です。 クラスメイトだけではなく、家族や友人にも協力して もらって、筋肉を触ることに慣れてほしいと思います! がんばれ2年生!٩( 'ω' )و

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンキャンパスのお知らせです(=゚ω゚)ノ

 

7月22日(日)は、1日で5学科すべてを体験できる  スペシャルオープンキャンパス を開催 医療に興味はあるけど、どんな資格があるの? と、迷っている方‼ 実際に色んな学科の体験をすることで、 なりたい自分が見つかるかも!? ぜひ、ご参加くださいヾ(≧▽≦)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツボ豆知識 

肩こりや、眼精疲労に効くツボです

さらに、大腸との関連性もあり

便秘などの症状にも効果が!?

押すとずーんと響く感じがあります

ぜひ、お試しください‼

 

 

 

鹿児島第一医療リハビリ専門学校

はり・きゅう学科

原 奈摘美