はり・きゅう学科トピックス

トレーナー活動!専門学校体育大会にて…

2017-10-06
10月4日~5日 鹿児島県専門学校体育大会が行われました!

 

どこの会場も白熱する10競技15種目が行われ、盛大のうちに終了!

我がはり・きゅう学科は、バドミントン競技が行われた蒲生体育館で、 「無料トレーナーブース」を設け、2名の教員が各選手のケアにあたりました。    

 

 

1日目は団体戦!

最近バドミントンもロンドンやリオのオリンピックなどでの日本選手の活躍もあり、

メジャーなスポーツになってきました。

特に今年は女子が個人戦で世界チャンピオンに輝き、私(保坂)もその試合をテレビで見ていたせいか、

いつものトレーナー活動とは違った感じで対応した気がしました。

 

初日の午前中は開会式や1回戦が行われていたので選手の受診は少なかったですが、

午後からは肩やふくらはぎに痛みを訴える選手が続々鍼灸施術を受診しに来てくれました。 

 

疼痛に対して、鍼は得意とするところです。

 

そして、選手も若いとあってほとんど痛みが取れていきます。 初めて鍼をする選手も好感が持てたのではないでしょうか。 初日は20名の受診でした。

 

2日目は個人戦! 2日目は初日に施術を受け、再度治療を希望する選手が多いようでした。 ​鍼の良さを分かっていただけて嬉しい限りです! 中には捻挫した選手、筋挫傷した選手、腰痛を訴える選手の皆さんがいらっしゃり、 鍼灸治療の他、テーピングも活用し対処しました。

 

また終了間際には、試合の疲労からひどい足のつりを訴える選手も訪れ、 施術後、表彰式に無事出席しました。 ​さらに、表彰式後も来てくださいました。鍼治療を行い、だいぶ筋肉も緩んだようです。    

 

2日目は、おかげさまで30名の受診でした!

 

 

鍼灸治療を受けていただきました選手、役員や施設の皆様ありがとうございました!!

来年もまたトレーナー活動を実施したいと思いますので、よろしくお願いいたします。 

またこれからも、我々はり・きゅう学科教員一同、鍼灸治療の啓蒙に取り組んでいきたいと思います。

 

 

最後に、はり治療を受けていただいた皆様の回復をお祈りいたします。

皆様がより良い一日を過ごされますように…。