はり・きゅう学科トピックス

2ヶ月!!Σ(・ω・ノ)ノ!

2018-06-02
暑い日が増え、夏が近づいてきましたね

 

気持ちの良い気候ですが、じんわりと汗をかいていると

 

気づかないうちに隠れ脱水症を起こしてしまう事も・・・⁉

 

水分補給も忘れないようお気を付けくださいね

 

 

さて、今回は入学して早2ヶ月!

 

1年生の様々な授業風景をご紹介いたします(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

グループ学習

 

1年生ではまず、人の体に触れる練習としてストレッチや、

 

筋肉の硬い部分(硬結)などを探る練習などをしています。

 

 

 

真剣?な凛々しい表情笑 先生から力加減を教わります 受けての表情も観察 しっかりカメラ目線 笑

 

 

先生が体を触り、硬結を確認 その後、一人ずつ触って確認

     

 

 全員で、お互いの体を触れていき、筋肉の付き方違いや、硬さ・柔らかさなどを

 

 手の感覚として覚えていきます

 

 

基礎きゅう実習

 

お灸で燃やす艾(モグサ)を、小さくひねり火をつける練習中。

 

ひねり方でお灸の熱さに変化が出るため、

 

みんな指先の力加減に苦労しているようです

 

 

 

木製の板の上に紙を敷き、艾をひねります。 お灸の燃え方をみて、力加減を測ります。 先生からアドバイス すごい集中力!?

 

 

紙の燃え方でお灸の熱さが分かってきます。

 

穴が開くとなると、けっこう熱めのお灸となってしまいますね・・・

 

また、お灸の熱さを自在にコントロールできるよう、

 

感覚をつかんでいきます。

 

 

 

基礎はり実習

 

自分に鍼を刺す・・・から、次のステージへ‼

 

ペアを組み、決められた経穴(ツボ)に刺鍼する練習中。

 

みんな、ドキドキしつつ、積極的に鍼を打っています。

 

 

 

経穴の位置を確認 刺鍼後、先生にチェックしてもらっています 鍼を打たれた感覚も、よく聞きながら 正しい刺鍼方法を身に付けていきます

 

 

鍼をただ刺すだけでは、そんなに難しいことではありません。

 

しかし、治療するために使う鍼は、なるべく苦痛を与えることなく、

 

正しい位置に鍼を刺すことで、その効果を最大限引き出すことができます。

 

 

ヒトの身体は、十人十色。一人として全く同じ身体の方はいません。

 

実技科目では、ひたすら手の感覚を研ぎ澄まし、慣れていくことで

 

多様な患者さんに対応できるよう、技術を磨いていきます

 

 

講義

 

学校で学ぶことは、技術だけではありません!

 

ヒトの身体について、理解するため、はり・きゅうでは、

 

西洋医学・東洋医学の両方向から患者さんを観察し、

 

治療してくための知識を身に付けていきます。

 

 

 

生理学 東洋医学

  

身体のしくみを理解するために、専門用語もたくさん覚えなければ

 

なりません。みんな、必死に講義に食らいついていきます

 

 

ただただ覚えるだけではなく、理解することが大切‼

 

分からないことをそのままにせず、すぐに調べたり

 

質問することで、理解できて記憶にも残りやすくなります。

 

夢に向かって、頑張ろう!1年生‼ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンキャンパスのお知らせ(=゚ω゚)ノ

 

6月17日(日)はオープンキャンパスを開催‼ 鍼灸ってどんな治療?  どんな仕事? など、さまざまな疑問に直接お答えします 実際に 見て  聞いて  体験しませんか?

 

さ・ら・に・・・ 7月22日(日)は スペシャルオープンキャンパス‼ 5学科が一日で体験できるスペシャルな日 医療に興味はあるけど、資格について迷っている方!

 

ぜひ、皆様のご参加お待ちしております('ω')

 

 

 

 

 ツボ豆知識 

『胃の不調』におススメのツボの一つ!

 暑くなってきて、冷たい飲食をばかり摂りす

ぎると、胃腸の負担は大きくなります。

そんな時はこのツボを押してみましょう‼

胃の働きを高め、不調を楽にしてくれます

また、膝痛にも効き目あり

ぜひ、お試しください‼

 

 

 

 

 

 

鹿児島第一医療リハビリ専門学校

はり・きゅう学科

原 奈摘美