はり・きゅう学科トピックス

シリーズ~頑張っている在校生⑬~

2018-06-18

第13回目です。

今回は、はり・きゅうが学科1年 寺田 大地さんです。

 

 

私が資格取得を目指そうと思ったきっかけは大きく、3つあります。

大切な人の治療がしたい。 医療の歴史を知り、知らない・分からない世界に入っていきたい。 資格を取得した人にしかできない特別な治療を行いたい。

 

 

私が医療従事者となって良かったことは、大切な人達の役に立てることです。

周りの人達に頼りにされ、必要とされることは、今までにない感覚でした。しかし、医療現場で出来ることは資格により制限がありました。柔道整復師として毎日、色々な症状の患者様と接する中で、私はもっと色々な分野で治療を行い、様々な症状で悩んでいる方々の役に立ちたいという新たな目標ができました。このことから、私は色々な分野の治療を勉強しより多くの人の役に立ちたいという目標を持ち、はり・きゅう学科に入学しました。

医療の歴史を学び、鍼灸という特殊な治療方法を極めることで自分の目標を達成できるように日々精進したいと思います。