はり・きゅう学科トピックス

卒業生来校~♪('ω')ノ

2019-01-30

 

卒業生が学校へ挨拶に来てくれました(=゚ω゚)ノ

 

卒業して3年の間に様々な経験を得て、大きく成長 学生時代の苦労や役立った事についてや今、鍼灸師として働きどう感じている かなど、現場で感じていることを在校生に話して頂きました(*´ω`*)

 

 

 

 

横山 和 先生 保田 晋作 先生 少し緊張しながらも、 丁寧に話してくれました

みんな真剣に聞き入っています 最後に宮森先生と

 

 

話を聞いた2年生からは・・・

  横山先生の話を聞いて

○ 目標を持って勉強し、臨床実習で何を得たのか見つける事が大切だと思いました。それを見つ

  ける事でまた新しい疑問や発見につながるヒントがあると思いました。 

○ 学生時代は人と話すのが苦手だったけどたくさんの練習、努力を積み重ねて話せるように

  なったと聞き、治療だけでなく患者さんとのコミュニケーションだったり距離の取り方大

  事さを知りました。

○ 女性に寄り添った治療を行いたいという、はっきりとした目標があって素晴らしいと思った。

○ 「自分の目標や、やりたい事を自分で考えてそれに合った鍼灸院で働いて いる」という所が

  凄いし、私もその様なところで働きたいと思いました。

 

 

  保田先生の話を聞いて

○ 臨床実習でやってきたことが全部うまくいくとは限らないし、患者さんが来て下さることに感

  謝して私もこれから臨床実習を行っていきたいです。

○ 実習などで患者さんとのコミュニケーションで苦労していて、私自身の思いをうまく伝えられ

  ていないので保田先生のように会話ができるようになりたいです。

○ 勉強のことはみんなが完璧だと思っていたけど、出来ない人も頑張ればできるのだと思いま

  した。

○ 私も将来、患者さん一人一人と向き合えるような治療家になりたいと思いました。

 

 

2人の先生が現場で感じていること、学んでいることはもちろん、学生時代の苦労話 も聞けたことでより明確な目標や将来像が見えてきたようです! 先輩方のような立派な鍼灸師を目指して、頑張りましょう٩( 'ω' )و 横山先生、保田先生 ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくだるい・・・疲れやすい・・・

気になる症状があるけど、病院に行くほどでは・・・なんて悩んでいませんか?

東洋医学ではその人が持っている自然治癒力へ働きかけ、体のバランスを整えて

いく治療のため、副作用もほとんどありません。

悩み解決の選択肢の一つに鍼灸治療もご一考ください(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

鹿児島第一医療リハビリ専門学校

はり・きゅう学科

原 奈摘美