理学療法学科トピックス

【理学療法学科】 電動車椅子サッカー講演・実演

2013-07-27

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?水分補給をしっかり行い、熱中症などに気をつけていきましょう。

 

理学療法学科は今週の金曜日から夏休みに入り、3年生は臨床実習1週経過、2年生は夏休み期間に1週間の夏季評価実習、1年生は9月から始まる前期試験に向けて勉学に入ります。専門学校の夏休みはゆっくりする期間ではなく、いろんな準備をする大事な休みであります。いろんな事をする際には準備が大切ということを認識しましょう。

 

さて、7月25日(木)の午後より、理学療法学科1・2年生対象に電動車椅子サッカーチーム「NanchesterUnited鹿児島」の川崎良太選手(NanchesterUnited鹿児島 キャプテン・チームNIPPON キャプテン)、塩入新也選手(NanchesterUnited鹿児島 ・チームJAPAN 副キャプテン)、東武範選手(NanchesterUnited鹿児島 ・チームJAPAN )、野下小百合選手(NanchesterUnited鹿児島)の4名の選手の方々より「電動車椅子サッカーに掛ける想い」というテーマで講演、体育館で実演していただきました。

 

  ナンチェスター・ユナイデット鹿児島 選手の皆さま

 

講演では 「クラブ概要」、「活動理念」、「電動車椅子サッカーについて」、「基本的なルール」、「ナンチェスター・ユナイテッドの軌跡」、「今後の課題」、「ナンチェスター・ユナイテッドのこれから」というテーマにそって、お話をされ学生は熱心に聴講していました。

 

  

 

実演では、電動車椅子のスピードや操作、ボールのパス回しやシュートなど迫力がありました。

 

  

         ウォーミングアップ風景                  スラローム走行(ドリブル)風景 

 

  

     シュート風景(意外とボールは大きい‼‼)                 パス風景

 

学生も体験させていただき、とても有意義な時間を過ごせたと思います。

 

       学生も体験(とても難しい‼‼)

 

理学療法士はこのような活動へも参加して、社会貢献に携わることが必要です。

今回、電動車椅子サッカーチーム「NanchesterUnited鹿児島」に3期生卒の臼元先生がチームアシスタントとして同行され、学生も先輩の姿を見て、より一層理学療法士取得への意欲がわいたのではないでしょうか。

 

  

       最後に選手・学生と集合写真

 

最後に、暑い中、またお忙しい中、講演・実演していただき本当にありがとうございました。

ご活躍、応援しております。