理学療法学科トピックス

実地研修終了(前期)

2018-07-10

続けての投稿です。

 

以前も投稿したことがありますが、本校の理学療法学科 2年生は「臨床評価学(実地研修)」という科目があり、内容としては、教員が同行して、外部の施設へ行き、患者様、利用者様とのコミュニケーション、理学療法士の運動療法見学、検査測定実習を実施しています。この科目は本校の特徴でもあります。早い段階から、このような経験を積み、3年生の臨床実習、2年生の評価実習に関連づけるとても重要な科目となります。

 

例年、実施しており、施設は鹿児島県霧島市牧園にある「リハウォーク絆」様にご協力いただいております。毎年ご協力いただき、感謝申し上げます。

 

貴施設には、卒業生の先生方も勤務しており、2年生に一生懸命指導やアドバイス、実技指導、分からないことも丁寧に教えてくれます。

 

 

 【江夏先生(卒業生) 学生指導中】    【島廻先生(卒業生)学生に治療見学指導中】

 

 

  【芦谷先生(卒業生)学生に指導中】          【笑いも含め楽しく指導中】

 

 

                  【外西先生  実技指導中】

 

 

                             【利用者様へ検査測定中】

 

 

 

2年生も緊張しながら、一生懸命利用者様と向き合い取り組んでいます。

 

7月上旬で前期の実地研修は終了となりましたが、各学生様々な体験・経験を積んだと思います。今後も対象様を第一に考えて、勉強や実技の練習に取り組んでほしいと思います。

 

最後に、リハウォーク絆の先生方、スタッフの皆さま、お忙しい中対応していただきありがとうございました。この場をおかりして感謝申し上げます。