理学療法学科トピックス

教員 自己研鑽 報告

2019-06-07

6月に入り、鹿児島県は5月31日(金)に梅雨入り。雨の日が多くなり、ジメジメした日が続くので、今からは食中毒などに注意していきましょう。

 

今回は教員の自己研鑽についてお伝えします。

 

「コツコツと頑張りました」

専任教員の神田(投稿者)が認定理学療法士(学校教育)、

専門理学療法士(教育管理理学療法)を取得しました。

 

 

 

 

 

まず、「認定理学療法士、「専門理学療法士」について簡単に説明いたします。

「認定理学療法士」制度

7分野23領域から成り、それぞれの認定領域において理学療法技術と知識を有することが認められた者を認定理学療法士と認定し、資格認定後も良質なサービスを提供する臨床能力を備え、より高度な専門性を志向し、生涯にわたる自己研鑽を継続する者を認定理学療法士と定義する。

 

「専門理学療法士」制度

7分野から成り、それぞれの専門分野において理学療法の知識・学術的専門性を有することが認められた者を専門理学療法士として認定し、資格認定後も理学療法の学問的発展に寄与する研究活動を維持し、より高度な専門性を志向し、生涯にわたる自己研鑽を継続する者を専門理学療法士と定義する。

 

となっております。

臨床業務の傍ら、研修会参加や学会参加・発表などの活動をし、試験は福岡であり、その時は卒業生の方も多くおり、みんな「頑張っているな」と思い、合格発表についても良い結果を聞いています。

 

臨床(病院)で働いている先生方は目の前にいる「患者様」に、我々教員は「学生」に良い理学療法・教育が提供できるように、理学療法士は自己研鑽していく職種です。

 

これからも頑張っていく所存ですので、今後とも鹿児島第一医療リハビリ専門学校 理学療法学科をよろしくお願いいたします。

 6月16日(日)はオープンキャンパス開催予定です。教員・在校生一同お待ちしております。