理学療法学科トピックス

後期スタート

2019-09-06

9月に入り、朝夕涼しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

本校は、9月2日(月)から後期・講義が開始となりました。

 

学生においては前期の反省など踏まえ、奮起し頑張っていくことを期待している投稿者です。

 

さて、今回は理学療法学科 2年生の講義にお邪魔してみました。

 

科目は「臨床評価学」です。内容としては、紙面上での模擬患者から

患者像の把握 問題点抽出、理学療法評価(検査測定項目)の計画・立案

を教員の指導のもと、学生同士でディスカッションしていました。

 

いかにイメージを持てるかを到達目標とし、それにおいて知識の向上やスキル向上を図ります。

 

10月からは、前期同様、外部施設での「実地研修」が始まります。

その為の準備でもあります。

 

2年生は特に、2月末から「評価実習 3週間」がありますので、前期・後期の講義で知識を高めることで、成長していきます(顔つきなど変化していきます)。

 

写真は講義風景です。ペアごとで考えた患者像を、ホワイトボードに記載し、その他の学生に説明、その患者像をもとに、実技で確認しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生真剣に取り組んでいます。これからも教員・学生と一緒に学習できる環境に努めていきます。

 

最後に9月6日(土)はナイトオープンキャンパス、9月29日(日)はオープンキャンパスを開催予定としております。「理学療法士はやりがいのある仕事です」。

オープンキャンパスに参加して、理学療法士に興味を持っていただき、目指してみませんか?