作業療法学科トピックス

後期「2week」突破!

2017-09-16

今日は、台風も接近しておりますが、外はまだ穏やかです。

そんな中、2年生は整形外科学の講義を受けております。

先生も、遠方から来て下さております。

 

長いようで、短かった夏休みも終わり、後期が始まっております。

もう2週間が過ぎております。

そこで今日は、それぞれの学年の様子を紹介したいと思います。

先ずは、「1年生」です。

 

解剖学Ⅱ・運動学の講義の様子をご紹介

鎖骨の位置を確認しながら、描いております。 1年生が描いた肩甲骨の位置を2年生が確認中です。

この講義では、骨や筋肉の位置を触りながら、身体に描いていきます。

実際に、触って確認することで正常な筋肉の厚みや形状を把握することができます。

この講義が終わる頃には、皆「筋肉マスター」です!

2年生が1年生に個別で教えてくれるので、より理解しやすい講義になっております。

 

次は、「2年生」です。

2年生は、実践的に学ぶ機会が多くなってきています。

専門的な知識を身に付けるために、それぞれの課題に取り組んでいます。

 

実習前の実技の様子

   

「臨床評価学」で各施設に行き、担当の患者さんを持ち、評価を行います。

その為の練習を行っています。

 

基礎作業の様子

美味しそうなピザの出来上がり。 皆でおいしくいただいております。

 

「基礎作業学」では、作業活動を通して分析し、その活動の意味について学んでいきます。

今回は、学校の畑でとれた「バジル」を使ってピザ作りを行った様子を紹介しています。

バジルの香りが校内に香り渡りました。

味も「とてもおいしかった」とのことであります。

在学生紹介で登場していた江藤くんを覚えているでしょうか?

今回のピザ作りを通して「こんなにも手を使うこと、細かな動きが必要であること。逆に、手首の動きはあまり必要でないこと。」を学んでとコメントしてくれました。

自分たちが思っていることと、実際に行い、体験することで分かることそれを学ぶのがこの授業です。

 

最後に、「3年生」です。

最後の長期実習も、半分が過ぎました。

最後の実習であります。

今までに学んできた事を十分に発揮できるように、皆より一層緊張感を持ちながら真剣に取り組んでいます。

大きな手を広げ、元気な野下さん!

熊本にあります「人吉医療センター」にて頑張っております。

「指導者の先生の知識が豊富で興味深いことを教えて下さいます」と、イキイキしています!

 

 

正面右側-ダブル(*^^)vの織田さん

左側-1期生の布田先生です!

「職員の皆さんが親切で、とても過ごしやすいです」とニッコリ。

織田さんは、どこの実習先でも「元気な織田さん」と言われています。

リハケアくまもとでも、元気に過ごしています。

はにかんだ笑顔の新地くん★

山鹿市民医療センターで実習中です。

「指導者の先生が、国家試験のことまで教えて下さるのでとてもありがたいです」とのこと。

何事にも真剣に取り組む新地くんだからこそ、先生たちも先を見据えた指導をして下さっています。

さわやかな笑顔で(*^^)v坂下くん

菊野病院で、以前から興味がある小児を学んでいます。

「初めての小児分野で興味深いです。もっと上手な笑顔が出せるように頑張りたい!」とのことですが、とてもいい笑顔ですよね?

「頑張るぞ!」と満永さん(^^)/

「初めての身障分野で上手くいかない事のあるけど、後半盛り返します」と気合十分!

指宿浩然会病院にて、頑張っております。

 

 

沖縄から熊本・宮崎まで、それぞれの地で、それぞれの思いを抱えて頑張っております。

ラストスパート頑張れ!