作業療法学科トピックス

2年生基礎作業学です

2018-10-20

こんにちは。朝夕の寒さを感じるようになりました。外を歩くとキンモクセイの匂いがしたり、すっかり秋らしくなりましたね。

さて、9月から取り組んできました基礎作業学では各班で様々な活動を実行し、その際の姿勢・動作・どの筋肉が作用したか、心理面にはどのような影響をもたらすのか。といった事を分析し、プレゼンを行いましたので報告させて頂きます。

1班「エコクラフト」

紙製のクラフトテープですが、バッグや小物、色々なものをつくることができます。今回はどのメンバーも渾身の力作ぞろいで、冨吉さんに至っては相当な手の込んだ作品でしたので大変だったと思います。

実際、やってみて長時間の座位、延々と繰り返しの編みこみ動作…実体験してこそですね。

メンバーみんなで作ったものを家族にプレゼント…松浦君、お母さんにとても喜んでもらえたそうでプレゼンを聞いていた、こちらまで嬉しくなるような(*´ω`) とりあえず気がかりなのは、チロルちゃんや…壊さないでおいておくれ(´-ω-`)

 

2班「革細工」

こちらはオープンキャンパスなどでも、しょっちゅう登場する活動です。ハンマーで刻印を叩くダイナミックな動き、革用のナイフで紋様を入れるなどの細やかな動きを総合的に含んでいる活動なので、作業療法の教材的活動です。

そして実物の完成品です。革細工は前期にもやっていますので、もはやお手の物ですね!お見事!

 

3班「園芸」

「何の活動をしようか?」→「私達、園芸しよっか♪」と、意気揚々と教室を出て、荒れた畑を目のあたりにした時のあなた達の顔が忘れられない…

さて、本題ですが。たまたま撮れていた、この画像。実は鍬を持つ手が左右逆なんです。それ故に体幹が右方向に回転(回旋)しています。という代償動作です。こんな事を分析できるようにしましょうねというのがポイントです。

草をむしる哀愁の税所君と、真剣に水を撒いている了徳寺さん…

きれいになった畑にかかった虹が、汗だくになったみんなを和ませてくれました。

…誠にお疲れ様でした。

 

4班「消しゴムはんこ」

「年賀状とハンコならイモ版でしょ!」と言ったら、メンバーから「は?」と言われた昭和レトロな私(/_;)

完成作品から紹介。すごくイイ!ちょっとやってみたくなった私…

下絵をトレースして、削って、インクをつけて。立ちあがっての…力いっぱい押す!

制作光景を拝見させてもらっていましたが、これもまた細やかな手先の動きからの、ダイナミックかつ・力むといった色々な要素を持った活動ですね!臨床でも拡がりができそうな活動ですね!

 

5班「アロマキャンドル」

こちらも、いざ作るとなると、馴染みがなかった私でしたが、じつはこんな身近な道具で作れてしまうんですね。

いつも真剣な淵脇君がロウを削り。。染色にはクレヨンが使えるそうです。

溶かして、アロマオイルを混ぜて、固めたら『出来あがり!』

この班は炎の揺らぎ(視覚的効果)とアロマの作用により心理的効果を数値化しました。

数値化することで検証しようという、これは非常に大切な心得です。

 

6班「調理」

『何故、ピザを作るのか?』『食べたいから!』ではなく、レンジでチン・煮るだけ・焼くだけといった、様々な料理がありますが、ピザは生地を捏ねる、延ばす、野菜を切る、熱い物を出し入れする、など実に様々な動作を要求されます。だからちょうどよい分析対象の活動なのです。

神妙な面持ちで取り掛かる安樂さん(動作分析ですから)

捏ねて、延ばして…

何はともあれ、おいしそう♪ 10枚近く焼いていたような

どの班も、しっかり検証と分析ができていました。そして楽しそうでしたね。患者様と活動を行う場合、「楽しさ」は外せない要素ですし。これからも楽しさを研究しつつ、勉強を励みましょう!お疲れさまでした。

 

~お知らせ~

11月3日(土)に本校と第一工大・第一幼短との3校合同で結楓祭を執り行います。今年はオープンキャンパスと並行で新たな取り組みを企画いたしております。皆さまの奮ってのご参加、お待ちしております。