在学生の声

在学生の声

理学療法学科2年
山元 香奈さん

自分も人の為になる
仕事がしたい

理学療法学科

Qこの学科を選んだのはなぜですか?

色々な方と関わり、たくさんの笑顔が見られる仕事がしたいと思っていました。実際に働く現場で、患者さんと楽しそうに話をしたり、患者さんのことを第一に考えた治療を見て自分もやってみたいと思いました。また、私は小学生の頃からバドミントンをやっており、スポーツ選手のトレーナーもやりたいと思い理学療法学科を選びました。

Q実際に授業を受けてみてどうですか?

初めは、授業内容の濃さに驚き本当にやっていけるのか不安な思いもありましたが、徐々に他の分野と結びつくようになったり、先生方の説明する言葉の意味が理解できるようになり、少しずつではありますが自分の知識が増えていくことに喜びとやりがいを感じます。これからまだまだ覚えることがあり、焦りや不安が募っていくと思いますが、夢を見失わないよう頑張っていきたいです。

作業療法学科2年
二之宮 慶絵さん

『こころ』と『からだ』の
回復の希望に

作業療法

Qこの学科を選んだのはなぜですか?

体を動かすことや、ものをつくること、楽しいことを計画することが好きな自分は作業療法という分野に関心を持ちました。けがをしてリハビリが必要な人、精神的な病で苦しんでいる人、それぞれ『こころ』と『からだ』の回復の希望となる作業療法士に憧れてこの学科を選びました。
 

Q実際に授業を受けてみてどうですか?

はじめは専門的な授業に不安もありましたが、先輩方や先生方が身近な存在であり納得のいくまで学ぶことができるため、とても勉強のしがいがあります。将来、自分たちを頼りにしてくれる対象者さんをイメージしながら仲間と共に日々学んでいます。

言語聴覚学科3年
山田 佳那さん

困っている方の
サポートを

言語聴覚

Qこの学科を選んだのはなぜですか?

私は人の役に立てる仕事がしたいと考えていました。そんな中、高校三年生の夏休み にオープンキャンパスに参加し、病気により言葉がうまく話せない方や食事が取れな い方のために言語聴覚士がリハビリをすることを知り、その重要性とやりがいのある 仕事に魅力を感じ、この学科を選びました。

Q実際に授業を受けてみてどうですか?

科目が多く難しい分野もありますが、先生方が一人一人に目を向け、熱心に教えて下 さるおかげで、だんだん理解することができました。また、クラスメイトともお互い切 磋琢磨しながら向上し、楽しく充実した日々を過ごしています。

柔道整復学科3年
吉永 翼さん

憧れを夢に、人に感謝される
仕事を目指して

柔道整復学科

Qこの学科を選んだのはなぜですか?

サッカーでケガをした時に、整骨院にてテーピングをしてもらい、その日の試合は100%に近い状態でプレーする事ができました。その時に私も人から感謝される職業に就きたいと思いました。また整骨院の先生の対応、テーピング、治療する姿が素直に『格好いい…』と思い柔道整復学師を目指すべく、この学科を選択しました。
 

Q実際に授業受けてみてどうですか?

最初は、0からのスタートでわからない事ばかりでしたが、先生方や先輩方がやさ しく丁寧に教えて下さり、楽しく勉強しています。また、今までと違った環境なので、 クラスメイトや先輩からたくさんの刺激を受け、勉強以外の大切な事も学ぶ事がで き、日々充実した生活を送っています。

はり・きゅう学科2年
髙橋 賢也さん

ケガで悩んでいる
人たちの力に

はり・きゅう学科 

Qこの学科を選んだのはなぜですか?

高校の時に陸上部に所属していました。練習中にケガをしてしまい、思うような練習ができずにいました。色々な整骨院やトレーナの方々に診てもらいましたがなかなか良くならず、痛みを伴ったまま練習を行っていました。そんな時トレーナ―に鍼治療を勧められ治療を受けたところ、ケガの状態が良くなり鍼を刺すだけでなぜ良くなったのか疑問に思いました。疑問が興味に、興味が夢へと変わっていきました。鍼灸師の資格を取得し私と同じようにケガで悩んでいる人たちの力になりたいです。

Q実際に授業を受けてみてどうですか?

医療の勉強を本格的に学ぶことは初めてだったので0からのスタートでした。東洋医学や解剖学・生理学など様々な科目がありたくさんの知識で溢れており、すごく興味が湧きます。学習内容は分からないこともありますが、クラスメイトや先輩方そしてその内容に優しく答えて下さる先生方のおかげで毎日楽しく学習しています。これからも目標のために勉強を頑張り、鍼灸師という夢を叶えたいです。