はり・きゅう学科トピックス

第28回はり師・きゅう師国家試験実施

2020-02-28

 

2月23日(日) 快晴の中、第28回はり師・きゅう師の国家試験が実施されました。 今年の受験場所は、鹿児島市紫原の高台にあります志學館大学。 とっても景色がよく、天気も良いし、寒くもなく、絶好の試験日和になりました。 今年の受験者は、現役生10名と昨年の雪辱に燃える1名、合計11名でした。 朝は早くから起きていたらしく、みんな緊張しつつも爽快な面持ちでした。

 

 

解剖学を教えてくださっている大竹先生も駆けつけてくださり、 受験生にエールを送っていただきました。 大学の建物には受験生しか入ることはできず、中は緊張感があったことが伺えます。 午後3時10分、試験を終わった生徒が出てきて、3年間の力を出しきった笑顔がみられました。

 

 

試験日の約一週間前、学校の校舎の窓から、超低い虹が発生しました。 これは良い結果が出るのでは? 合格発表は3月26日(木)午後2時より発表されます。 みんなの努力が結果となり実りますよう願うばかりです