柔道整復学科トピックス

No.鹿児島レブナイズ トレーナー活動 

2018-03-02

今回のお題は、、、

 

鹿児島レブナイズ トレーナー活動 です!!

 

 

 

 

 

いこま整骨院グループ 

 

生駒先生のもと

 

 

 

 

柔道整復学科の学生の皆さんがトレーナー活動に参加させて頂きました。

 

生駒先生は様々なプロ選手など多くの

 

      スポーツの現場で活躍されている先生です!!(^o^)丿

 

そこで今回は柔道整復学科 トレーナー活動にご参加!!《その3》

 

     を学生の感想を混ぜながらお知らせしていきます。(´∀`*)

 

 

トレーナー活動に帯同させて頂きましたチームはこちらです。。。

 

 

 

 

Basketball team

        

       鹿児島レブナイズ

 

              

3月11日の活動です!!

 

今回は1年生のみで参加させて頂きました!!(^o^)丿

 

 

1年生

福留君  「鹿屋中央高校 OB」

 

大江君  「日南振徳高校 OB」  

 

下沖君  「都城商業高校 OB」

 

重田さん 「樟南高校 OG」

 

満田君  「伊集院高校 OB」

 

樗木君  「九州産業大学 OB」

 

中野さん 「鹿屋中央高校 OG」

 

中村君  「国分高校 OB」

 

 

 

 

 

 

 

学生の皆さんに感想をもらいました!!(´∀`*)

 

下沖君

今回は、練習などで友達にするのとは違い実際にプロの選手に施術するとなると緊張して固くなってしまったりしました。けがをさせたりしないか心配でしたが、自分が施術した選手が試合で活躍しているのを見ると嬉しくなりました。現場でしか学べない大変さや嬉しさがありました。

また機会があれば参加させていただきたいです。

 

樗木君

 

今回の活動で一人のプロ選手をストレッチをさせて頂きました。

プロの選手に練習してきたストレッチを実践でき、少し自信がついた反面、気配りや声かけなどコミュニケーションを取りながらストレッチすることの大切さを実感しました。その面も成長できるよう努力しようと思いました。

今回の経験を、次回のトレーナー活動が上手く回るよう繋げていきたいと思います。ありがとうございました。

 

満田君

 

今回が初めてで慣れないことばかりで戸惑ったりすることも多かったですが周りのサポートもあり選手の方のストレッチをさせてもらうことができました。生のスポーツ選手のストレッチをするということは思ってた以上に緊張してうまくいかない部分もあったのですが、いい経験だと思い見直して、これからのトレーナー活動でもっとうまくできるようになりたいと思いました。

これからも次のレヴナイズ参加でもがんばって気を引き締めていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

続いて、ストレッチの様子です。

 

バスケ部出身の満田君緊張しながらも

            全力でストレッチ中です!!(; ・`д・´)

 

 

 

 

トレーナー活動が2回目の学生もおり

 

コミュニケーションなど上手く

 

出来てきたみたいですね!!(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 

 

 

生駒先生 今回なかなか経験する事の出来ない活動をお忙しい中、

 

柔道整復学科の為に貴重なお時間を割いて体験させて頂き

 

ありがとうございました。学生も初めての経験に感激されており、

 

柔道整復学科全員から感謝申し上げます。

 

今回のお時間で学んだ事など大切に、

 

これからも勉強に一生懸命励んでくれると思います。

 

今後とも、柔道整復学科を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

         

第一リハの柔道整復学科は、

 

  確かな実績で・・・・

 

   笑顔で楽しく・・・・

 

    夢に真正面から向き合う学生を

 

           心から応援いたします。

 

 

 

 

 

 

《厚生労働省認定施設》

鹿児島第一医療リハビリ専門学校

〒899-4395 鹿児島県霧島市国分中央一丁目12-42

TEL .0995-48-5551(直通) FAX .0995-48-5553

http://riha.tsuzuki-edu.ac.jp/news_judo/index.html?id=37606

【柔道整復学科 確かな実績】

 

 

 

過去の実績

    国家試験合格率 6年間平均98%

 

 

柔整科トピックス     <<戻る     ⇔    進む>>