理学療法学科トピックス

卒業生来校

2018-06-21

6月も中旬。梅雨時期なので雨も多く、地域のよっては大雨となっているところもありますが、災害などに注意していきましょう。

 

さて、6月19日(火)に卒業生が2名、本校に挨拶、報告、用事のために来校されました。

 

一人は、角園先生(本校の2期生卒)が午前中来校されました。角園先生は臨床しながら、鹿児島大学保健学科 博士前期課程・後期課程を経て、今年卒業(博士号取得)されました。この日はこのことを報告に来てくれました。本校としてはとても喜ばしいことで、人一倍努力してきた結果だなと感心しました。今後も未来の理学療法士や患者様のために頑張ってほしいと思います。

 

 

もう一人は三栗先生(本校の10期生卒)が午後来校してくれました。三栗先生は鹿児島市内にある大勝病院で勤務されています。三栗先生は本校の3年生の臨床実習においても、教育者として後輩育成していただいております。

今回は、次なるステップのために必要書類を本校に取りに来られました。

次の目標に向かって頑張ってください。期待しております。

 

 

最後に本校の理学療法学科では、3年卒業時に大学編入制度・可能となり、受験し合格すれば大学3年生として編入することができます。また、実務経験(臨床)2~3年経過すると大学院への入学が可能になります。上記の2名は、上記の制度を利用し、自己研鑽しています。自分の事だけでなく、私たちが自己研鑽することで、対象となる患者様に還元・反映できることがとても重要になります。

他の卒業生の皆さまも、一人一人違う場面で頑張っているかと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

また、ぜひ学校に遊びに来て、いろんな話を聞かせてください。お待ちしております。