作業療法学科トピックス

評価実習を終えて

2018-03-17
評価実習そして症例報告

 

作業療法学科の2年生は2/19(月)~3/10(土)の3週間、評価実習へ行ってまいりました

 

学校を離れ、各自病院やデイサービス等の施設での実習。

 

実習が始まる前は、不安>期待 と

 

不安が大きかった2年生も

 

3週間の実習を終えて、たくましくなって帰ってきました。

 

 

そして、実習で経験したことや学んだことをクラスで共有し、

 

担当した対象者の症例報告を一人一人行いました。

 

  

 

  

 

みんなそれぞれの実習地での経験を伝えることで

 

自分自身の振り返りにもなり

 

また、聞いている一人一人も他のメンバーの経験から学ぶことも多くあったと思います。

 

  

 

  

 

みんなメモを取りながら真剣に聞いています

 

そして、質問も自分自身の経験から具体的な質問が多く、

 

みんなの成長を感じました

 

 

症例報告へは1年生にも入ってもらいました。

 

真剣な表情で聞いています。

 

1年生からは

 

「見学実習に行ってから発表を聞けて、イメージもつきやすく勉強になりました!」

 

との感想が聞かれました。

 

やはり、臨床現場での作業療法を見学したことで、

 

症例報告が具体的に聞けたんですね。

 

 

作業療法学科では学年の縦のつながりも大事にしています。

 

一緒に授業を受けることも。

 

これからも、お互いの経験を共有し合って

 

みんなで成長していきましょう